2012年04月10日

試用期間中の解雇!!

試用期間中の解雇トラブルです。

Q 入社後一ヶ月で即日解雇、「試用期間中であるため解雇予告手当はでない!!」と言われたのですが会社は出さなくてもいいのでしょうか?そして、試用期間中であれば会社は自由に解雇ができるのでしょうか?

A 労働基準法第21条には、解雇予告の規定が適用されない労働者の中に「試の使用期間中の者」が含まれておりますが、ただし書きには「十四日を超えて引き続き使用されるに至った場合においては、この限りでない。」となっています。
つまり、いくら試用期間中であっても14日を超えて使用されている者を解雇する場合には、会社は労働者に対して30日前の予告か、30日分以上の平均賃金を支払わなければならないということになります。
そして、試用期間中であれば会社はどんな理由であっても労働者を解雇できるわけではありません。本採用後の解雇のように厳格ではありませんが、解雇をするにはそれなりの合理的理由が必要です。
会社も「能力・適性がないから本採用前に解雇!!」と言い渡す前に本当にその人の適性をみつけるための配慮をしたかどうかをもう一度考えてみてください。もしかしたら会社にとってのダイヤモンドになる原石を失っているかもしれませんよ。

★派遣元責任者講習開催のお知らせ
昨今の派遣の問題から、これではいけないと「NPO個別労使紛争処理センター」が立ち上がりました!労働問題に精通している社会保険労務士が講師となり、一味違う講義となると思います。
開催日:平成24年5月17日(木)、6月26日(火)7月19日(木)8月27日(月)東京・総評会館にて
現在、好評受付中ですので、お気軽にお問い合わせください!!

NPO法人 個別労使紛争処理センター(首都圏支部)
電話:03-6802−6837
受付時間:火,木,金曜日12:30〜16:30
★無料労働相談会も受付中!
平成24年4月の無料相談会日程:17日 、24日(火)18:00〜
相談会場:東京都千代田区神田佐久間町3−37石井ビル303
posted by ろうしなかよく at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。